ケアマネージャーとは、介護に関する専門職の一つです。2000年四月から始まった介護保険制度に基づいて、介護や支援が必要であると認定された方々に、住居や施設、サービスなど、個人個人に適した介護サービスが受けられるよう、介護プラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)の作成を行うことが主なお仕事です。ほかにも、業者との調整や連絡、保険費用の計算や請求なんかもおこなうでしょう。介護の分野で仕事がしたいと考えている方の中には、ケアマネージャーの資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)取得を目標としている人も多いみたいです。では、このケアマネージャーになったならね、年収や月給はいくらになるのでしょうか?地域などで多少の差はあるものの、ケアマネージャーの年収は、平成20年度の平均額で男性423万円、女性366万円です。月収に行うと、大体25万円〜29万円となり、賞与等は64万円〜79万円です。福祉の分野の報酬は、他の分野から比べるとまだ安い値段ではあるのですが、介護報酬の見直しと共に次第に改善されいますよね。また、ケアマネージャーの報酬形態かと言って、毎月の固定給ではなく、ケアプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)の作成報酬と言う形態と言われているのです。ケアプラン(計画や案のことをいいます)の作成報酬は、1件あたり1万円〜15000円となり、これだけで見るとすごく単価の高い仕事のです。ただ、実際には、ケアマネージャーの仕事だけでは安定したお金を得ることは難しく、看護師や社会福祉士などを兼業して仕事をしている人が殆どです。とは言っても、ケアマネージャーの資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)を持っていれば、看護師や社会福祉士としての仕事上、派生的にケアプラン(設計図や図面のことを指す場合もあります)を作成する事ができるために、仕事の幅も広がるはずです。それに、福祉関連業務を行う上で必要である資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)として活かしていく事も可能でしょうー